牛肉の部位の特徴〖リブロース〗

Home  >>  未分類  >>  牛肉の部位の特徴〖リブロース〗

牛肉の部位の特徴〖リブロース〗

   未分類   6月 13, 2018  牛肉の部位の特徴〖リブロース〗 はコメントを受け付けていません。

レッキンファンの皆様こんにちは!!

本日は牛肉の部位解説

第1弾〖リブロース〗

ロースはロースト(焼く)という意味からきているようで、焼くに適した肉とされています。リブロースはもっとも焼くに適した最上級部位として位置づけられています。

リブとは、アバラを意味していてサーロインに比べ赤身と脂質のバランスがよくキメ細かく、肉自体の風味をもっとも堪能できる部分でしょう。サーロイン同様に1頭から20kgほどしかとれず、貴重で人気の部位です。

当日に限り熟成肉の取り置きも可能です。

お問い合わせお待ちしております。

相模原熟成肉庫レットキングコング橋本

Comments are closed.